HOME事業内容環境グローブボックス解体用テント

原子力発電所の解体・放射線量の高い機器の解体
グローブボックス解体用テント

スイスPEDI社は、スイスに本社を置き60年の歴史を持つ、放射線量から作業員を守り安全な作業環境を提供する様々な機器を設計・製造する専業メーカーです。
グローブボックス用解体用テントは、使用済みのグローブボックスや線量の高い機器を解体する際、本解体テントの内部に対象物を入れ、外側から作業員が解体することが出来る解体テントです。廃炉技術が先行しているドイツ・ベルギー・イタリア・スェーデン等で250基以上の販売実績が有り、大手電力様より採用が認められた信頼性の高い製品です。

特長
アルミ製の構造内部には、PVCの強化ポリエステル繊維から成る柔軟性のある素材を採用し、欧州規格(DIN 10202.2.1・DIN 10204.3.1B)に準拠した部材を使い、内部の完全な密閉環境を提供します。
現地での組立が簡易で、且つ使用後は内部のテント素材を折りたたみコンパクトに収納・廃棄出来る点が最大のメリットです。また内部のテント素材のみ交換することで投資を抑えながら繰り返し使うことが可能です。

グローブボックス用解体テント

作業イメージ

作業イメージ図

カタログ

PEDI社では、本商材の他にも作業用テント、マニュプレータ、エアサンプラー等、放射線関連の解体にあたり様々な製品を持っておりますので、以下のカタログを参照願います。